気密性・断熱性を表すC値・Q値とは

省エネ性能への関心が高まっていることもあり、建築会社を比較する際に気密・断熱性で比較する方も多いですよね。

 

それぞれの会社のパンフレット等を見ていると、C値・Q値という言葉が出てきます。当社ではC値が〇〇ですと書かれていても、その数字がいいのか悪いのか、判断する基準がなければわからないですよね。ただひとつ言えるのは、数字が小さいほどいいということです。

 

ここでは、そんなC値とQ値について詳しく解説します!

C値=建物の気密性を、Q値=建物の断熱性を表します

C値とは、延べ床面積に対してどれほどの隙間があるのか(相当隙間面積)を示しており、建物の気密性を表しています。床面積1uあたりにおける隙間の面積を示しており、数字が小さいほど気密性に優れていることを意味します。

 

C値は

家全体の隙間の合計(平方cm)÷延べ床面積(u)

で求めることができます。

 

Q値とは、外壁・床・天井・屋根・窓・ドア・換気口などから部屋の熱がどれほど逃げるか(熱損失係数)を示しており、建物の断熱性を表しています。UA値と書かれていることもあります。家全体から逃げる熱の量を数値的に表しており、数字が小さいほど断熱性に優れていることを意味します。

 

Q値は

熱の逃げる量の合計÷延べ床面積

で求めることができます。

スポンサーリンク

高気密・高断熱といえる数値は?

では、C値・Q値がどれほどの数値なら高気密・高断熱と言えるのでしょうか。

 

高気密・高断熱を定義する、公の具体的な数値はありません。高気密・高断熱であるかどうかの判断は、次世代省エネ基準で定義されている数値と比較されることが多いです。次世代省エネ基準の数値を下回っていれば、高気密・高断熱の家と言えるでしょう。

 

日本は土地によって気候が異なるので、次世代省エネ基準では日本を6つの地域に分け、それぞれの地域でC値・Q値の基準を設定しています。

 

地域の区分

T地域

北海道

U地域

青森 岩手 秋田

V地域

宮城 山形 福島 栃木 長野 新潟

W地域

茨城 群馬 山梨 富山 石川 福井 岐阜 滋賀 埼玉 千葉 東京 神奈川 静岡 愛知 三重 京都 大阪 和歌山 兵庫 奈良 岡山 広島 山口 島根 鳥取 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本

X地域

宮崎 鹿児島

Y地域

沖縄
次世代省エネ基準が定めるQ値

T地域

1.6W/uK

U地域

1.9W/uK

V地域

2.4W/uK

W地域

2.7W/uK

X地域

2.7W/uK

Y地域

3.7W/uK
次世代省エネ基準が定めるC値

T、U地域

2.0以下?/u

その他の地域

5.0以下?/u

それぞれの数値よりも値が小さければ高気密・高断熱の家と言えます。これはあくまでC値・Q値の数値だけで判断したものであり、数値を満たせば次世代省エネ基準も満たすというわけではありません。

スポンサーリンク

ハウスメーカーのC値・Q値は?

高気密・高断熱を売りにしている主要ハウスメーカーは数多くありますが、なかでも一条工務店が業界最高基準となっています。

 

その数値はC値0.59平方cm/u(@−smart)・Q値0.51W/u・K(@−smartU)となっており、C値は次世代省エネ基準の約1/8、Q値は次世代省エ基準の約1/5という超高気密・超高断熱の家づくりをしています。

 

ただ注意してほしいのは、C値・Q値は間取りや仕様で異なるということです。あくまで公表されている数値は参考程度にして、自分の建てたい間取りでのC値・Q値を見てもらうことが大切です。

 

また、室内のドアや開口を極力なくし窓を小さくすればC値は小さくなりますが、そのぶん外からの光が入らず室内が暗くなってしまいます。また断熱性能についても、断熱材のグレードを上げたり厚みを増やせばQ値は小さくなりますが、その分コストがかかります。

 

数値が小さければ小さいほど気密・断熱性能はあがりますが、採光やコストといった面ではマイナスになってしまうことを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

C値を小さくする際の注意点

C値を小さくするためにありがちなのが、窓をなくす、または小さくすることです。家づくりにおいて、リビングや寝室などの居住を目的とする部屋には一定割合の採光が必要だと建築基準法で定められていますが、採光がとれるギリギリの大きさの窓しか設けない場合があります。

 

窓が小さくなれば外から入る光の量も小さくなるので、当然部屋は暗くなってしまいます。

 

また、採光が必要と定められているのは居住を目的とする部屋だけで、玄関や洗面所、納戸などには適用されません。そのため玄関などに窓を設けず、C値を抑えようというケースもあります。図面上で間取りを見ていても、実際の部屋の明るさなどは住んでみないとわからないので注意が必要です。

 

ひとつの例として、実際に見た家でこんな家がありました。

 

”シンプルで無駄のないスタイリッシュな家”というコンセプトで極力窓を少なくした家を見たことがありますが、外観は確かに都会的でハイセンスでしたが、いざ中入ってみるとびっくり。玄関に窓がないので、閉めると昼間なのに真っ暗でした…。廊下も階段も昼間なのに暗い。おそらく昼間でも電気が必要でしょう。

 

この例のようにただ窓を減らせば気密性はよくありますが、肝心の住みやすさをおざなりにしてはいけません。住みやすさも考慮したうえで、気密・断熱性を高めることが大切だと改めて感じました。

スポンサーリンク