内断熱と外断熱の違いとは

近年では、冬でも家の中で暖かく快適に過ごせるように「断熱性と気密性」への関心が高まっています。

 

いろいろな建築会社を回っていると「内断熱」「外断熱」という言葉を聞くかと思います。断熱材の種類で性能は変わるの?どんな断熱材がおすすめなの?などお客様からもよく聞かれます。断熱材は建ててからでは外から見えないものなので、建てる前に仕組みや内断熱・外断熱の違いなどを知っておきましょう!

内断熱の特徴

従来から一般的に行われており、現在でも断熱工法の主流なのが「内断熱工法」です。柱・間柱の隙間に断熱材を貼る方法で、構造体の内側で気密施工が行われます。

 

内断熱は建物の軸組や構造体の部分などどうしても断熱されないところがあり、どうしても外断熱に比べると断熱性は劣ります。また、結露(特に壁内結露)が起こりやすいという特徴があります。

 

結露とは?

結露とは、内部と外部の気温差により温かい水蒸気を含んだ空気が冷やされることで、水蒸気が水に変わることを言います。結露が起こると、木造住宅のの場合は木材の腐食やカビの原因となり、建物の寿命を縮めてしまいます。

 

内断熱は壁の中に断熱材を入れているため、壁内結露が起こると断熱材を通って柱や土台などにも湿気が届いてしまうためどうしても建物を劣化させてしまいます。そのため、防湿シートを貼るなどの対策をして壁内結露を防ぐのが一般的です。

 

断熱性は外断熱には劣りはしますが、寒冷地でなく木造住宅である場合には、木自体に断熱性があるため内断熱でも家の中が寒くてたまらないなんてことはありません。また価格も安く、床板の下にも断熱材を施工することができるため、冬でもフローリングが冷えにくいといったメリットもあります。

スポンサーリンク

外断熱の特徴

内断熱より断熱性に優れ、注目されているのが「外断熱工法」です。構造体の外側に断熱材を貼り、建物そのものを断熱材覆うため、内断熱のように隙間ができないので断熱性が上がります。

 

外断熱は断熱性に優れるだけでなく、結露が起きにくいというメリットもあります。結露が起こると湿気により木材が傷んだりカビの原因にもなってしまうため、木造住宅の寿命は外断熱の方が長いと言われています。

 

外断熱は構造上、壁内結露の心配がないのは長く住むことを考えればとてもいいです。ただ、床板の下には断熱材を施工しないため、床下で結露が起こる可能性があります。これは建物の土台部分になるので、換気のために工夫が必要になります。

 

また、内断熱工法に比べるとコストが割高となり、内断熱とは逆に床が冷たくなるというデメリットもあります。

スポンサーリンク

内断熱と外断熱の比較

内断熱と外断熱、それぞれの特徴を比較した表がこちら!

 

内断熱

外断熱

断熱性

優れる

非常に優れる

結露

起こりやすい

起こりにくい

コスト

一般的なコスト

割高になる

それぞれのメリット・デメリットを比較して、断熱の方法についても考えてみてください。内断熱と外断熱のどちらがいいかは好みに分かれるので、なにを優先するのかで選ぶことが大事です。

 

ちなみに、業界トップクラスの高気密・高断熱を誇る一条工務店は、内断熱と外断熱のダブル工法を採用しています。

スポンサーリンク

比較する際の注意点

内断熱と外断熱について簡単に比較しましたが、あくまでそれぞれの断熱方法の一般的な見解です。例えば断熱性においては確かに内断熱より外断熱の方が優れていますが、施工方法だけで比較するのではなく、断熱材の種類や厚さも比較して選ぶことが大切です。

 

基本的に、断熱性能を決めるのは断熱材の熱伝導率と断熱材の厚さです。いくら高性能の断熱材を使用しても、厚さがなければ意味がありません。よく「断熱性能の高いロックウールを使っている建築会社にしよう」といったように断熱材の性能だけで比較してしまいがちですが、それは間違いだということです。

 

内断熱よりも外断熱の方が断熱性能が高いと書きましたが、外断熱の場合構造躯体の外側に断熱材を取り付けるため、厚さを出すことはできません。一般的な厚さは30oほどです。つまり、厚さに限界があるため断熱性能にも限界があるということです。

 

一方内断熱の場合は、もともと空間になっている柱の間に断熱材を入れるので、外断熱に比べ厚さを出すことができます。高性能の断熱材を厚く施工すれば、かなりの断熱性を実現できます。

 

内断熱・外断熱の違いだけではなく、断熱材の種類や厚さの違いも含めて比較検討するようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク