建築用語集

五十音順から探す

 

|  |  |  | た | な | は | ま | や | ら | わ |

あ〜お

 

アクリル樹脂
プラスチックの一種。合成樹脂のことで、透明度が高く衝撃にも強いことからガラスの代用品として使われています。

 

アクリル板
アクリル樹脂でできた板のこと。プラスチックの特性に加えて加工しやすく圧力耐性にも優れることから、主に照明器具や室内建具などに使われています。

 

足場
工事の際に作業のためのスペースや通路になる仮設物のこと。

 

洗い出し
コンクリート塗り、モルタル塗り、人造石塗りなど、セメントが完全に硬化しないうちに表面を洗い出し、凹凸をつけて仕上げたもの。

 

アンカーボルト
建物の土台や柱脚を基礎とつなげるために埋め込むボルトのこと。

 

インフィル
建物内の間取りや間仕切り、内装・設備のこと。

 

ウォークインクローゼット
大型のクローゼットのことで、歩いて入れるほどの広さがあるもの。頭文字をとってWICと表記されることが多いです。

 

ウレタンフォーム
ポリウレタンから作られた発泡体で、断熱材として使われています。一般的な断熱材として使われているグラスウールに比べ断熱性が高いと言われています。

 

内断熱
柱やなどの構造体の間に断熱材を入れる断熱工法のこと。⇔外断熱

 

ALC
autoclaved light weight concreteの略で、軽量気泡コンクリートのこと。軽量で断熱性・遮音性・耐火性に優れています。

 

オーバーハング
上階を下階よりも張り出している状態のこと。張り出した部分はキャンティと呼ばれます。

 

か〜こ

 

型板ガラス
凹凸や模様のあるガラスのこと。視線を遮ることができるので、主にトイレ・浴室・洗面室の窓などに使われます。

 

片流れ屋根
一方向に勾配のある屋根のこと。

 

切妻屋根
逆方向に勾配のある二つの屋根が山形に合わさった屋根のこと。

 

クッションフロア
表面に塩化ビニールを用いた床材のこと。耐久性・耐水性に優れることから主にキッチン・トイレ・洗面室などの水回りのフロア材として使われます。

 

グラスウール
一般的な断熱材として使われているガラス繊維のこと。断熱性と遮音性に優れています。

 

蹴上げ
階段1段の高さのこと。建築基準法により、住宅の階段は23cm以下と決められています。

 

蹴込み
階段の踏み板の垂直な板の部分のこと。

 

建築確認申請
建築予定の建物が建築基準法に適合するものかどうかの確認をすること。この確認審査を受けて、確認済証が交付されてからでないと着工できません。

 

腰壁
床から天井までの壁でなく、腰高程度までの壁のこと。

 

混合水栓
一つの蛇口から水とお湯の両方が出る水栓のこと。

 

さ〜そ

 

サーモスタット
あらかじめ設定された温度に自動で調整する機械のこと。主に浴室などでサーモスタット式の水栓が使われます。

 

採光
窓などから室内に天空光を入れること。建築基準法により、居室の床面積の1/7以上の面積に、採光に必要な開口部が必要と定められています。

 

サイディング
外壁に使う外装材の一種。外装材の中でも安価でバリエーションに富むので広く使われています。

 

尺モジュール
尺とは一尺約30.3cmの長さの単位で、尺を単位として作られる建築のこと。

 

集成材
厚さ数センチの薄い板を何層にも貼り合わせて作る建築資材のこと。木材に比べてゆがみが少なく強度があります。

 

浄化槽
生活排水を河川や海に放流するために浄化処理するためのもの。公共の下水道が大規模な下水処理場につながっていない場合は個別に設置しなければなりません。

 

ジョリパット
塗り壁材のこと。内装・外装どちらにも幅広く使われています。コテやローラーで塗装され、模様を描くこともできます。

 

スキップフロア
床の高さをずらして作る中2階のような空間のこと。

 

スケルトン
建物の柱・梁などの構造体のこと。

 

スケルトン階段
骨組みが見えている階段のこと。蹴込み板がないので、階段の向こう側が見えることからオープン階段とも呼ばれます。

 

筋交い
柱と柱の間の補強材のこと。筋交いを入れることで建物の耐震性や耐力性を強くします。

 

セルロースファイバー
新聞紙や段ボールなどから作られる木質繊維の材料のこと。断熱材や防音材として使われています。

 

ゼロホルマリン
シックハウス症候群の原因物質の一つであるホルムアルデヒトを含まないもののこと。資材や建材、塗料、接着剤、家具など。

 

外断熱
建物の外側に断熱施工をする工法のこと。⇔内断熱