内断熱と外断熱の違い

近年では、冬でも家の中で暖かく快適に過ごせるように「断熱性と気密性」への関心が高まっています。いろいろな建築会社を回っていると「内断熱」「外断熱」という言葉を聞くかと思います。断熱材は建ててからでは外から見えないものなので、建てる前に仕組みや内断熱・外断熱の違いを知っておきましょう!

内断熱の特徴

従来から一般的に行われており、現在でも断熱工法の主流なのが「内断熱工法」です。柱・間柱の隙間に断熱材を貼る方法で、構造体の内側で気密施工が行われます。

 

内断熱は建物の軸組や構造体の部分などどうしても断熱されないところがあり、どうしても外断熱に比べると断熱性は劣ります。また、結露(特に壁内結露)が起こりやすくなってしまいます。

 

結露とは、内部と外部の気温差により温かい水蒸気を含んだ空気が冷やされることで、水蒸気が水に変わることを言います。結露が起こると、木造住宅のの場合は木材の腐食やカビの原因となり、建物の寿命を縮めてしまいます。

 

壁の中で起こる壁内結露は特に建物の劣化速度を速めてしまいます。内断熱の場合は壁の中に断熱材を入れているため、壁内結露が起こると断熱材を通って柱や土台などにも湿気が届いてしまうためです。壁内結露を防ぐためには防湿シートを貼るなどの対策が必要です。

 

断熱性は外断熱には劣りはしますが、寒冷地でなく木造住宅である場合には、木自体に断熱性があるため内断熱でも家の中が寒くてたまらないなんてことはありません。また価格も安く、床板の下にも断熱材を施工するため、冬でもフローリングが冷えにくいといったメリットもあります。

 

外断熱の特徴

内断熱より断熱性に優れ、注目されているのが「外断熱工法」です。構造体の外側に断熱材を貼り、建物そのものを断熱材覆うため、内断熱のように隙間ができないので断熱性が上がります。

 

外断熱は断熱性に優れるだけでなく、結露が起きにくいというメリットもあります。結露が起こると湿気により木材が傷んだりカビの原因にもなってしまいます。

 

外断熱は構造上、壁内結露の心配がないのは長く住むことを考えればとてもいいです。ただ、床板の下には断熱材を施工しないため、床下で結露が起こる可能性があります。これは建物の土台部分になるので、換気のために工夫が必要になります。

 

また、内断熱工法に比べるとコストが割高となり、内断熱とは逆に床が冷たくなるというデメリットもあります。

 

内断熱と外断熱の比較

それぞれの特徴を比較した表がこちら。

 

内断熱

外断熱

断熱性

優れる

非常に優れる

結露

起こりやすい

起こりにくい

コスト

一般的なコスト

割高になる

それぞれのメリット・デメリットを比較して、断熱の方法についても考えてみてください。
内断熱と外断熱のどちらがいいかは好みに分かれるので、なにを優先するのかで選ぶことが大事です。

 

ちなみに、業界トップクラスの高気密・高断熱を誇る一条工務店は、内断熱と外断熱のダブル工法を採用しています。

関連ページ

建物の耐震性は?耐震基準と耐震等級
地震大国日本において、建物の耐震性はとても重要です。よく「耐震基準を満たしています」「耐震等級3相当」などの言葉を目にしますが、意外と間違った理解をしている人が多いです。意味を正しく理解して、地震に強い家づくりをしていきましょう。
家づくりの流れ
基本的な家づくりの流れを、いつなにをすべきなのかも併せてご紹介します。
住宅ローンの選び方
家づくりに欠かせないのが住宅ローンです。ついつい建物にばか目が向いてしまいがちですが、住宅ローンもなにを選ぶかによって家づくり全体の計画に大きく影響します。住宅ローンに関する基礎知識を身に付けて、自分たちに合ったものを選ぶようにしましょう。金利タイプ、返済方法など詳しく解説します。