住宅ローンの選び方

家を建てる際に住宅ローンを組む人がほとんどだと思いますが、建物ばかりに目がいって住宅ローンについて考えるのをおろそかにしていませんか?

 

住宅ローンと言えば「夫がローンを組んで毎月決まった額を返済していく」というイメージがありますが、現在では住宅ローンの組み方や返済の仕方は多様化しています。

 

これから先の収支の変化も見据えて、自分に合った住宅ローンを選びましょう。

住宅ローンの流れ

住宅ローンの組み方

住宅ローンの組み方には、夫が単身でローンを組む従来の組み方のほか、ペアローン、ミックスローン、収入合算など様々な組み方があります。

 

ペアローン

夫と妻がそれぞれの名義で2つの住宅ローンを借りること。それぞれの収入に応じて借入額が決まるので、単独で借入するよりも借入可能な金額が増えます。また、夫と妻それぞれが住宅ローン控除を受けられます。

 

今後も夫婦の働き方に変化がなく、双方とも同じ収入を得られる場合におすすめです。「現在は夫婦共働きであるが、将来子供が生まれたら妻はパートに出る」といったような、どちらかの収入が著しく減る場合には適していません。

 

ミックスローン

長期固定型と変動型や短期固定型を組み合わせてローンを借りること。長期固定型により金利が上昇するリスクを軽減でき、さらに変動型など低金利のローンを組み合わせることで借入可能な金額を増やせます。

 

ただ、今後の金利の変化を予想するのは難しく、ミックスローンを組むのが得とは言い切れません。ミックスローンは金利の変化のリスクを軽減しますが、言い換えると損得どちらの割合も小さくします。

 

収入合算
連帯保証

夫が住宅ローンを組む際、妻が連帯保証人となること。夫が返済できなくなると妻に支払いの義務が生じます。住宅ローンの控除は夫のみ受けることができます。

 

連帯債務

夫が住宅ローンを組む場合、妻が連帯債務者となること。夫と妻の双方に返済の義務があります。住宅ローン控除も双方が受けることができます。

 

収入合算することで借入可能な金額を増やすことができるので、借入額をもう少し増やしたいという場合におすすめです。連帯保証または連帯債務は借入する銀行等によって対応できるかどうかが異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

住宅ローンの返済方法

住宅ローンは、借りた金額だけ返せばいいわけではありません。借りた金額(元金)と利息の両方を支払わなければなりません。返済方法は「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類あります。借りる金額や返済期間によってどちらを選ぶべきか知っておきましょう。

 

元利均等返済

毎月の支払額が同じになるように、元金と利息を振り分けて返済します。毎月の支払額が決まっているので資金計画は立てやすいですが、元金が多い場合には減りにくく、総支払額は多くなります。

 

頭金の準備が難しくフルローンで家づくりを進める場合、収入が少ない場合には元利均等返済がおすすめです。総支払額は高くなりますが、家計に負担なくローンの返済をすることができます。

 

出典:住宅ローン研究比較 http://www.zyuutaku-info.com/kintou.shtml

 

元金均等返済

毎月同じだけの元金の支払いをし、併せて利息も返済します。初めのうちは元金の残りが多いので、その分利息もかかるので支払額は大きくなります。しかし、元金の減りは早いので月の支払額は少なくなっていきます。総返済額は元利均等返済よりも少なくなります。

 

頭金をある程度用意できて、借入額が少ない場合には元金均等返済がおすすめです。また、子供が大きくなって教育費がかかる頃に返済額を減らしたい場合にもおすすめです。

 

出典:住宅ローン研究比較 http://www.zyuutaku-info.com/kintou.shtml

 

住宅ローンの金利タイプ

金利タイプには、固定型・固定期間選択型・変動型の3つがあります。金利タイプによって、総返済額は変わってきます。それぞれメリット・デメリットがあるので、きちんと比較してから選びましょう。

 

固定型

返済期間中、ずっとローン実行時の金利が続くタイプ。金利が変わらないので月の返済額が分かりやすいですが、金利は他よりも高めに設定されています。
景気がよくなり今後金利が変動しても、ローン実行時の金利のままでいられるので、金利が上昇した場合には固定型だと得になります。

 

 

固定期間選択型

固定型と変動型をミックスさせたタイプ。固定期間を選び、固定期間中はローン実行時の金利のままです。期間終了後に改めて金利タイプを選ぶことができます。

 

固定期間が短期であるほど金利は低めに設定されています。金利上昇のリスクを抑えたい場合には固定期間選択型がおすすめです。長い返済期間のなかで、何度か金利タイプを選びなおせるのが最大のメリットです。

 

 

変動型

金利が変動するたびに、その時の金利が適用されるタイプ。金利は市場の動きに合わせて半年ごとに見直され、5年間その時点での金利にて返済します。変動型の金利が最も低く設定されており、近年では過去最低基準の超低金利となっています。
低金利のうちは得ですが、今後景気回復とともに金利が上昇すると、高金利が適用されるかもしれないリスクがあります。

 

 

金利の変動は専門家でも予想するのが難しいと言われています。ここ数年は低金利が続いていますが、いつまで続くのかはわかりません。金利タイプに迷った場合は、固定期間選択型が最もリスクが少なくていいでしょう。

 

住宅ローンの負担を減らす3つの方法

長い住宅ローンの返済、返済期間の短縮や毎月の支払額を減らす方法があります。

 

繰り上げ返済

毎月の返済とは別に、借入額の一部を返済することができます。元金が減る分、返済期間が短縮されるタイプや毎月の返済額を減らせるタイプに分かれます。臨時の収入や、生活費に余裕があるときには繰り上げ返済をしていくと、将来的な負担を減らせます。

 

返済条件の見直し

例えば病気や会社の業績不良などで毎月の返済が難しくなった場合、返済条件の見直しをすることができます。例えば返済期間を延長して月の返済額を減らす、ボーナス返済をなくすなど。返済方法の見直しを金融機関に相談することができます。

 

ローンの借り換え

今借りている住宅ローンよりも、条件のいい金融機関に借り換えをすることができます。借り換えには諸費用がかかるため、金利や特約条件など比較して、損にならないように気をつけましょう。

 

関連ページ

建物の耐震性は?耐震基準と耐震等級
地震大国日本において、建物の耐震性はとても重要です。よく「耐震基準を満たしています」「耐震等級3相当」などの言葉を目にしますが、意外と間違った理解をしている人が多いです。意味を正しく理解して、地震に強い家づくりをしていきましょう。
家づくりの流れ
基本的な家づくりの流れを、いつなにをすべきなのかも併せてご紹介します。
内断熱と外断熱の違い
高気密・高断熱に関心が高まるなか、断熱の工法によって違いがあることは知っていますか?内断熱、外断熱という言葉をよく聞くと思いますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。違いを知って、自分に合った工法を選びましょう。