建物の耐震性は?耐震基準と耐震等級

地震大国の日本において、建物の耐震性はとても重要ですよね。
広告などでよく「耐震基準を満たしています」「耐震等級3相当」などの言葉を目にしますが、意外と間違った理解をしている人が多いんです。意味を正しく理解して、地震に強い家づくりをしていきましょう。

 

「耐震基準を満たしている」=「地震に強い」は間違い!

建築基準法で定められている「耐震基準」とは、あくまでも「最低限の基準」です。つまり、地震の際に倒壊を防ぎ、住んでいる人が逃げ出せるだけの耐震性があれば耐震基準はクリアできるということです。その後安全に住み続けることができるかどうかや、余震にも耐えうるかどうかは関係ありません。

 

  • 建築基準法が想定している地震と損傷の程度

中地震の発生…稀に(数十年に一度程度)発生する地震 → 震度5弱程度
構造体にはほとんど損傷がない状態、仕上げ材などの損傷は許容

 

大地震の発生…極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震 → 震度6強程度
構造体を壊しながら地震力を吸収し、倒壊を防ぐ

 

近年では、「極めて稀」とされる震度6強程度の地震が頻発しています。余震やその後のことを考えると、現行の耐震基準を満たしているだけでは安全な家とは言えません。

 

「耐震等級が高い」=「安全」ではない!

耐震基準とは別に、建物の耐震性の評価制度として「耐震等級」というものがあります。

  • 建物の耐震等級
等級3 等級1で耐えられる地震の1.5倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度の耐震性
等級2 等級1で耐えられる地震の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度の耐震性
等級1 極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震に対して倒壊・崩壊しない程度の耐震性

 

ハウスメーカーや工務店などではよく「耐震等級3相当」という言葉が使われていますが、これはあくまで標準設計が耐震等級3相当になるという意味です。打ち合わせを進めていくなかで、お客様の要望を取り入れた結果、耐震等級が下がることもよくあります。

 

親切な営業マンであれば耐震性について説明してくれますが、なかには耐震基準をクリアしてさえいればいいという考えの人もいます。どのくらいの耐震性が欲しいのか、初めにしっかり伝えておくようにしましょう!

 

また、耐震等級はあくまでも「建物の耐震性」であり、住む人の安全を保障するものではありません。

 

耐震等級が高ければ建物の倒壊・崩壊の可能性は減ります。しかし、家の中に伝わる地震の揺れの大きさは同じです。建物の耐震性に安心して、家の中を守ることを忘れてはいけません。建物と家の中、両方の安全を考えて家づくりを進めていきましょう!

関連ページ

家づくりの流れ
基本的な家づくりの流れを、いつなにをすべきなのかも併せてご紹介します。
内断熱と外断熱の違い
高気密・高断熱に関心が高まるなか、断熱の工法によって違いがあることは知っていますか?内断熱、外断熱という言葉をよく聞くと思いますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。違いを知って、自分に合った工法を選びましょう。
住宅ローンの選び方
家づくりに欠かせないのが住宅ローンです。ついつい建物にばか目が向いてしまいがちですが、住宅ローンもなにを選ぶかによって家づくり全体の計画に大きく影響します。住宅ローンに関する基礎知識を身に付けて、自分たちに合ったものを選ぶようにしましょう。金利タイプ、返済方法など詳しく解説します。