ハウスメーカーおすすめランキング

注文住宅を建てるならハウスメーカーで!とお考えの方のために、おすすめのハウスメーカーをご紹介します。

 

品質や仕様、保証、デザイン力、価格、評判などから総合的に判断しランキングしました。

おすすめ建築会社TOP5

ミサワホーム

 

坪単価

65万〜75万

構造

鉄骨系プレハブ/木質系プレハブ

主力商品

1階と2階の間に天井高1.4mの大収納を作る「蔵のある家」

ミサワホームを詳しく見る

 

へーベルハウス

 

坪単価

65万〜75万

構造

重量鉄骨

主力商品

60年快適に暮らせる「ロングライフ住宅」

へーベルハウスを詳しく見る

 

スウェーデンハウス

 

坪単価

80万〜90万

構造

木質パネル

主力商品

スウェーデンの家づくりをヒントにした北欧住宅

スウェーデンハウスを詳しく見る

 

一条工務店

 

坪単価

55万〜70万

構造

木造軸組

主力商品

高気密・高断熱の省エネ住宅

一条工務店を詳しく見る

 

クレバリーホーム

 

坪単価

45万〜55万

構造

木造軸組

主力商品

外壁総タイル貼りのメンテナンスフリーな家

クレバリーホームを詳しく見る

ハウスメーカーに関するQ&A

ハウスメーカーの魅力とは?

ハウスメーカーで建てる魅力は、大手である安心感と技術力です。家は建てたら終わりではなく、その後のアフターフォローも大切です。ハウスメーカーは全国に支店を持ち経営基盤もしっかりしているので、倒産のリスクが低く数十年に渡ってフォローしてくれます。小さな工務店では、家づくりを担当した者がアフターフォローも行いますが、ハウスメーカーではアフターフォロー専門の社員がいるところもあります。

 

また、メーカー独自に研究を重ね、「より地震に強い家」「より耐久性のある家」「より省エネの家」といったように最新の技術を提供してくれます。長期優良住宅やZEHといった次世代省エネ住宅にもいち早く対応しており、家の性能は年々上がってきています。

 

ローコストメーカーってどうなの?

一言でハウスメーカーといっても、価格帯はバラバラです。ハウスメーカー=高いというイメージがありますが、近年では低価格のいわゆる「ローコストメーカー」が増えてきています。ついつい値段が安いローコストメーカーに目がいってしまいがちですが、ローコストでハイスペックな家は建たないことは肝に銘じておきましょう。特に「坪単価25万〜」「1,000万円の家」など極端に安いメーカーは注意が必要です。

 

間取りやデザインは工夫次第ですが、建築資材などの目に見えない部分でどうしても差が出ます。耐震性、免震性、気密断熱性、防音性などの「家の性能」は一流メーカーには確実に劣ります。また、キッチンやトイレなどの住宅設備もグレードの低いものを標準仕様としており、グレードアップには追加で料金がかかってしまいます。とはいえ価格の安さは魅力的なので、多少の暮らしにくさは我慢できるのであればローコストメーカーでもいいでしょう。

 

ハウスメーカーは値引きはできるの?

ハウスメーカーでも値引きはできます。どれくらい値引きしてくれるかは交渉次第ですが、ハウスメーカーの場合は各支店の支店長や営業責任者が決済権を持っている場合が多いです。値引きはできるといっても、ハウスメーカーは見積もりシステムがしっかりしているので大幅な値引きは難しいでしょう。1割の値引きができたら大成功です。アイフルホーム、クレバリーホームなどのフランチャイズを持つハウスメーカーは店舗によって値引き額に差が出るかもしれません。

 

なかには最初の見積額から300万、400万と引いてくるところもあります。こんなに引いてくれた!と思いがちですが、もともとの見積もりにはじめから値引き分を上乗せしている場合もあるので騙されないようにしましょう。

スポンサーリンク

ハウスメーカーおすすめランキング|注文住宅成功マニュアル記事一覧