ZEH補助金

対象期間

? 2018年以降も継続予定

 

主な適用条件

・自らが居住する住宅であること
・ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること
・事業要件を満たす設備、エネルギー計測装置を導入すること
・SII登録ビルダーが設計、建築または販売した住宅であること

 

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、省エネ性能の向上や創エネによって、一次消費エネルギー(空調・給湯・照明・換気)を±ゼロまで削減した住宅のことを言います。簡単に言うと、使う電力より創る電力を増やし、エネルギー消費の収支がゼロまたはプラスになる家づくりをしようということです。

 

政府は2020年までに新築物件の50%がZEHとすることを目標としており、ZEHの普及を促す政策としてZEHに対する補助金を出しています。

 

制度の概要

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の定義を満たす住宅の取得者に対し、一戸あたり75万円(平成29年度)を補助金としてもらえる制度。蓄電システムに関しては、1kWhあたり4万円加算となっています。国庫支出金以外の他の制度との併用が可能です。

 

政府は2020年までに新築戸建の50%をZEHにすることを目標としており、ZEH普及加速のために一時的に取られている制度がZEH補助金です。平成29年度の予算は672.6億円となっており、国としてZEHを推し進めていることが分かります。ただ、平成28年度の補助金は一戸あたり125万円(※一部例外あり)、蓄電システム1kWhあたり5万円の加算だったので、今後普及が拡大していくにつれて補助金額は下がっていくでしょう。

 

これまでは創エネルギーといえば太陽光発電でしたが、ZEHの普及に向けて太陽光発電以外の再生可能エネルギーによる創エネを提案している建築会社も今後は増えていくでしょう。

 

●ZEHの定義

外皮性能

強化外皮基準以上
(UA値:1、2地域は0.4以下、3地域は0.5以下、4〜7地域は0.6以下)

一次エネルギー消費量

創エネを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減
創エネを含み、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減

創エネの要件 余剰買取方式
設備の要件 要件を満たす省エネ設備、エネルギー計測機の設置
その他の要件 SII登録ZEHビルダーが設計、建築または販売

 

給付されるための手続き

住宅取得予定者、または代行者が申請書類を作成し、公募期間内に事務局へ申請します。選考の結果交付が決定すると、工事完了後に補助金が支払われます。

スポンサーリンク

関連ページ

住宅ローン減税
住宅ローン減税の概要をまとめました。住宅ローン減税を受けるための条件や、申請の方法などを詳しく解説します。
贈与税の非課税枠の拡大と延長
贈与税の非課税枠の拡大と延長の概要をまとめました。贈与税の非課税枠の拡大と延長を受け取るための条件や、申請の方法などを詳しく解説します。
登録免許税・不動産取得税・固定資産税の減額
登録免許税・不動産取得税・固定資産税の減額の概要をまとめました。登録免許税・不動産取得税・固定資産税の減額を受け取るための条件や、申請の方法などを詳しく解説します。
すまい給付金
すまい給付金の概要をまとめました。すまい給付金を受け取るための条件や、申請の方法などを詳しく解説します。
住宅ストック循環支援事業補助金
住宅ストック循環支援事業補助金の概要をまとめました。住宅ストック循環支援事業補助金を受け取るための条件や、申請の方法などを詳しく解説します。
再生可能エネルギー固定価格買取制度
再生可能エネルギー固定価格買取制度の概要をまとめました。再生可能エネルギー固定価格買取制度を受け取るための条件や、申請の方法などを詳しく解説します。