家づくりの先輩が教える!やってよかった設備

家づくりの先輩たちに聞いた、やってよかったおすすめの設備をご紹介します。注文住宅の魅力は、マンションにはなかった便利な機能が付いた設備も選べることです。どうしてもこだわりたいところには、お金をかけてでも納得のいく仕上がりにしたいですよね。

 

一足先に注文住宅を建てた先輩が勧める、いち押しの設備を大公開!実際の口コミや注意点も一緒にご紹介します!

キッチン編

奥様がこだわりたい場所1!
毎日使うからこそこだわりたいキッチン。キッチンのグレードをあげれば、毎日のお料理も楽しくなりますよね♪実際にキッチンをグレードアップする方はとても多いです。そんなキッチンのおすすめ設備はこちら!

 

IHクッキングヒーター

火を使わないIHは、ボタン一つで簡単に調理が可能です。温度の設定をすれば自動で火力を調整してくれるので、揚げ物の調理も楽々です。ガスコンロに比べ掃除も簡単なのにIHが人気の理由の一つです。

とにかく掃除が楽で助かっています。まだ子どもが小さいので、火がでないのも安心です。今は昔に比べて、IH対応の調理器がたくさんあるので特に不便も感じることもないので、IHにして本当に良かったです。

 

注意点

 

これまでガスコンロで使っていた調理器も、IHには対応していない可能性があります。フライパンや鍋など、IH対応であるかどうか確認してから使うようにしましょう。

 

生ごみ処理機

生ごみ処理機は、生ごみをシンクの排水口に捨てるだけで粉砕処理し下水道へ流してくれます。種や骨などの固いもの以外は処理できるので、生ごみの量がぐっと減りキッチンを清潔に保つことができます。

野菜の切りくずや食べ残しの食材などの生ごみがなくなってキッチンがすっきりしました。夏場はにおいやコバエに困っていましたが、今は夏でも快適です。

 

注意点

 

自治体によっては下水道への直接の処理を禁止しているところもあります。設置前に必ず自治体に問い合わせましょう。

 

食洗器

食洗器は、食器を並べてスイッチを入れるだけで自動で洗浄してくれます。高い水圧で効率よく洗浄するので、手洗いよりも節水の効果もあります。


食洗器のおかげで食事後の洗い物が楽になりました。汚れもしっかり落ちるので、本当に付けてよかったです。

 

注意点

 

洗浄には様々なコースが付いているものが多いですが、汚れの度合いや食器の素材によって使い分ける必要があります。また、洗浄には一定の時間を要します。

 

洗面・トイレ編

家族が毎日使う場所だからこそこだわりたいのが洗面やトイレです。特にトイレは来客の際に見られることも多いので、快適さやきれいさを求める人も多いです。

 

タオルウォーマー

タオルをかけておくだけで乾かしてくれるのがタオルウォーマーです。タオルをかける部分のパイプの中を、加熱されたオイルが循環することでタオルを乾燥させます。タオル以外にも、靴下をかけるなどの使い方もできます。

 


梅雨の時期など、なかなか外で乾かせないときに重宝しています。部屋干ししたときの嫌な生乾きのにおいもないし、場所もとらないのでおすすめです。

 

注意点

 

電気を使うものなので、直接水のかかる場所や湿気の多い場所では漏電の可能性があるので設置できません。取り付け場所には注意しましょう。

 

ヒーター内蔵の洗面鏡

ヒーターの熱によって鏡が曇るのを防ぎます。曇りを取ろうとタオルなどで鏡を拭くと、繊維汚れや細かい傷が付いてしまうこともありますが、ヒーター内蔵鏡ならその心配もありません。

 


お風呂上りに熱気で洗面所の鏡が曇ってしまいすぐに使えなくて不便でしたが、ヒーター内蔵の鏡は曇らなくて使いやすいです。

 

注意点

 

現在は曇り防止加工のされたミラーも多く発売されています。ヒーター内臓のものは電気代もかかりますし、漏電の可能性もゼロではありません。どのようなミラーにすべきかよく比較検討しましょう。

 

タンクレストイレ

タンクがない分、空間が広く感じられるだけでなく、掃除の手間も省くことができます。収納付きの手洗い器を付ければすっきりと見せることができます。

 

1階のトイレをタンクレスにして本当に良かったです。手洗い器と収納も兼ねて造作のカウンターを作ったのですが、好きなインテリアも飾れてすごく落ち着く空間になりました。

 

LDK編

LDKは家族が集まる場所。だからこそ落ち着けて居心地のいい空間にしたいですよね。LDKのおすすめの設備はこちら!

 

床暖房

リビングの床暖房は、冷えがちな足元でも暖かいのでおすすめです。エアコンと違って空気の乾燥もないので小さなお子さんやお年寄りでも過ごしやすい空間を作ってくれます。

 

リビングに床暖房を付けました。主人のお友達がよく集まって家で飲み会をするのですが、リビングのテーブル周りを囲んで座るので喜ばれます。LDKに吹き抜け作ったこともあり、部屋があたたまるのに時間がかかるのですが、床暖房はすぐに暖かくなるので助かります。

 

注意点

 

床暖房をダイニング、リビングなど数か所に場合には、電源スイッチをそれぞれ分けておきましょう。

 

無垢のフローリング

無垢材のフローリングは、木本来の暖かさがあり冬でも足元が冷えないと人気です。また、自然素材なので小さいお子さんが触れても安心です。

 

LDKのフローリングを無垢にしました。木の種類によっては傷が付きやすいと聞いて心配でしたが、今のところ目立った傷はありません。自然素材なので子どもが遊ぶのにもいいですし、犬が寝ころんでも安心なので、値段はあがりましたがやってよかったです。

 

注意点

 

無垢材は自然の木なので、合板に比べてゆがみなどの変形や、経年劣化による変色の可能性があります。また、価格も合板よりも高いので、メリット・デメリットを考慮して選ぶようにしましょう。

 

その他編

玄関や階段など、その他のおすすめの設備はこちら!

 

玄関のスマートキー

スマートキーは、鍵を出さずにタッチで玄関を開錠することができます。鍵を探す手間が省けたり、両手がふさがっているときでも簡単に開錠できるので便利です。

 

買い物帰りで重い荷物を持っていても楽に開けられるので助かっています。リモコンキーとしても使えて便利です!

 

人感センサーライト

人を感知して自動でライトが付く人感センサーライトは、スイッチを探す手間がなく、また電気の切り忘れの心配もありません。

 

玄関に人感センサーライトを付けました。夜遅くに帰宅することもあるので、自動で電気がつくのは助かります。来客時にも役立っています。

 

いかがでしたか?
せっかくお金をかけるなら、本当に便利なものがいいですよね。
設備に迷ったときには、先輩たちの声をぜひ参考にしてみてください!

 

 

関連ページ

土地選びのコツ
土地探しから家づくりをスタートさせる方のために、土地を選ぶ際のコツをご紹介します。
家づくりの先輩に聞いた!家づくりの失敗談
これまでみてきた実際にあった失敗談をご紹介します。間取りの失敗談や仕様の失敗談など、注文住宅のリアルをお届けします!
「坪単価」には注意!建築費用の内訳と坪単価
建築会社によって、家づくりにかかる費用はそれぞれです。どのくらいの予算で建てられるのか比べるのに、坪単価を参考にするかと思います。その「坪単価」の意味、きちんと理解していますか?建築費用の内訳と坪単価について詳しく解説します!
いい担当者に出会うためにすべきこと
いい家づくりには、いい担当者と出会うことも必要です。是非試してみほしい、いい担当者に出会うためにすべき3つのことをご紹介します!
安く建てるコツと値引き交渉のやり方
マイホームは大きな買い物なので、少しでも安く建てたいと思うのはみんな同じです。ここでは、価格を抑えるコツや値引き交渉の進め方をご紹介します!
上手な予算の組み方
家づくりにいくらの予算がかかるのかしっかり把握できていますか?意外と見落としがちなのが”建てたあとにかかる費用”です。無理のない返済額を知って、上手に予算を組みましょう。