「坪単価」には注意!建築費用の内訳と坪単価

いろいろな建築会社を見ていると、坪単価〇〇円という言葉をよく目にします。

 

実はこの「坪単価」という言葉の定義はあいまいで、会社によって違うことを知っていますか?

 

坪単価45万というA社、坪単価50万というB社、一見A社の方がお得に家を建てられそうですが…実はA社とB社、トータルでかかるコストは同じくらいかもしれません。

 

坪単価についての正しい知識を身に付けて、しっかりと比較検討していきましょう。

スポンサーリンク

「坪単価」の意味とは?

「坪単価」とは言葉の通り、1坪あたりにかかる金額を指します。例えば坪単価50万で40坪の家を建てる場合は、50万×40坪=2,000万という計算になります。

 

しかし、この「坪単価」に含まれる費用は会社によって異なります。坪単価という言葉の定義はあいまいで、具体的に何を指すのかは決まっていません。そのため、建物本体の費用のみのところ、建物本体費用+別途工事費用のところ、建物本体費用+別途工事費用+諸費用のところといったように、どこまでを坪単価に含めているかは会社によって違いがあるんです。

 

ローコスト住宅によくある坪単価〇〇万〜というのは、建物本体費用のみの場合がほとんどです。これは少しでも低価格という印象を与えるためであって、実際の家づくりには別途工事費用や諸費用がプラスされることになります。

スポンサーリンク

坪単価の相場の価格は?

比較的低価格で注文住宅を建てられることをローコスト住宅と言いますが、具体的にはどれくらいの価格であればローコストと言えるのでしょうか?

 

家の床面積やや品質にもよりますが、2,000万円をひとつのボーダーラインと考えている方が多いです。実際に「2,000万までで建てたい」と希望しているお客様は多く、この場合建物だけの坪単価は40万〜45万ほどに抑えるようにアドバイスしています。

 

というのも、先ほども述べたように家を建てるには建物本体の他に、付帯工事や諸経費も必要となります。仮に注文住宅で坪単価45万で35坪の家を建てるとすると、建物本体の価格は1,575万円。残りの約400万をその他工事に充てるように残しておく必要があります。

 

坪単価45万円と言うと少し高いかな?と感じる方も多いかもしれません。それはレオハウスやアイダ設計といったローコストメーカーは坪単価30万円〜と宣伝しているからでしょう。なので、個人的にはローコストと言えるのは坪単価40万円以下(建物本体のみ)の建築会社かなと思います。

 

主なローコストメーカー
アイダ設計 坪単価30万〜35万
レオハウス 坪単価30万〜
タマホーム 坪単価30万〜
アイフルホーム 坪単価35万〜50万
ウィザースホーム 坪単価35万〜55万

 

実際に注文住宅で建てた人にボリュームゾーンとしては、建物のみの場合で坪単価45万前後が多いです。諸費用込みの坪単価だと55万〜60万ほどが平均値となっています。

スポンサーリンク

建築費用の内訳は?

建築費用は @建物本体費用 A別途工事費用 B諸費用 の3つに分けられます。

 

建物本体費用とは、家を建てるために必要な工事の費用のことです。総費用のうち75%〜80%がこれにあたります。

 

別途工事費用とは、住むために必要な工事の費用のことです。土地の地盤改良や外構、ガスや電気などの敷設工事、エアコンや照明器具などの購入・設置費用など、本体工事費用の15%〜20%ほどのお金がかかります。

 

諸費用とは、上記以外にかかる費用のことです。印紙税・固定資産税などの税金、地鎮祭・上棟式などでの祝儀代、住宅ローンなどの手数料、登記・引越しの費用など、総費用の5%ほどお金がかかります。基本的に諸費用は現金で支払うことになるので注意しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク