安く建てるコツと値引き交渉のやり方

家づくりは大きなライフイベントのひとつです。決して安い買い物ではないので、少しでも安く建てたいと誰しもが思っているはず。
そんなあなたに、ハウスメーカーで働いているからこそ分かる安く建てるコツをご紹介します。

 

安く建てるには、大きくわけて見積もり金額自体を下げることと、値引き交渉の2つの方法があります。そして、見落としがちな住宅ローンについてもしっかり検討することが大切です。どれもどこの建築会社で建てる場合にも共通することなので、ぜひ試してみてください!


見積もり金額を下げるには

せっかく気になる建築会社に出会えても、予算が合わなければ家を建てることはできません。

 

でも、予算が合わなかったからといってすぐに諦めてはいけません!もらった見積もりの明細をじっくりと見返せば、間取りや設備のうち「ここは削れるかも?」と思う部分も出てくるはず。

 

間取りや設備が変われば、見積もりの金額は下がります。予算オーバーで悩んでいる方は試してみてください♪

中間マージンをカットする

家づくりにはたくさんの業者が関わってきます。例えばハウスメーカーAで契約をした場合、元請けとなるAから依頼を受け、施工を下請けBが行います。場合によっては下請けBからの依頼を受けて、孫請けCが行うことも。そうするとA、B、Cのそれぞれに利益を出す必要があり、そのお金は建築主が払うことになります。家づくりには、上の例のように工事の現場だけでなく、さまざまな場所で紹介料や仲介料といった中間マージンが発生しています。

 

この中間マージンを最も簡単にカットするには“紹介に頼らない”ということが大事です。

 

例えば、複数の建築会社を紹介してくれるスーモカウンター。スーモカウンターからの紹介で契約に至った場合には、契約金額の数%を紹介料として支払う仕組みになっており、建築会社は利益が減らないようにその分見積もりに上乗せしてくるでしょう。このような中間マージンを上手にカットすれば、安く建てることができます(^^)

 

壁の凹凸を少なくする

四角い家よりも凹凸がある家の方が値段は高くなります。同じ床面積でも凹凸がある分、壁量が増えるためです。少しでも値段を下げたいのであれば、なるべく凹凸のないすっきりした間取りにするといいでしょう。

 

特に主婦の方は、片付けの利便性を考えて収納をあちこちに作ってしまいがち。小さい収納をひとつにまとめて納戸を作るなど、収納計画を考え直すのも有効です。

 

外観のデザイン性を求めて必要以上に凹凸を作っている家もよく見かけますが、最近では2BOXタイプの家なんかも増えています。見た目もすっきりしていて、かつデザイン性もあるのでオススメです♪

 

壁を減らす

すでに書いた通り、壁量が増えればそれだけ値段も高くなります。取っ払ってもいい壁はなくせば、値段が安くなるだけでなく空間も広がります。

 

例えばLDKからつなげて和室を設けている場合、和室の壁を取って畳コーナーに変えるなど。他にも、パントリーやシューズクロークの壁を取ってみる、DENコーナーや書斎を独立させず部屋の一角に配置するなど、できることはないか考えてみてください!

 

設備のグレードを見直す

間取りは気に入ってるから変えたくない!そんなときには、設備の見直しをしてみるといいかもしれません。例えば、タンクレストイレ+手洗い器を手洗いタンク付きのトイレにすれば、数十万円安くすることができます。キッチンについても、グレードによって金額の差は大きく、食洗器やタッチレス水栓は値段が高くなります。

 

また、合板と無垢のフローリングを比べると無垢の方が高くなります。

 

部屋ごとの設備や仕様を確認し、必要以上にハイグレードになっていないか見直してましょう。

スポンサーリンク

効果的な値引き交渉のやり方

いよいよ契約という話になったら、今度は値引き交渉に挑戦してみましょう。住宅業界では値引きの交渉は当たり前なので遠慮は不要です。

 

値引きをするにあたって、ただ金額を渋るよりも効果的に値引きするためのコツがあります。少しの手間と時間をかけるだけでスムーズに値引き交渉が進むので是非試してみてください。

 

値引き交渉は要望を全て詰め込んでから行う

注文住宅の場合、ほとんどの方が契約してから打ち合わせを進めていくうちに金額があがります。あれもしたい、これもしたいと要望が次々に出てきてしまうためです。よくあるのが「パントリーを作りたい」「書斎を作りたい」などの空いたスペースを有効活用したいという間取りの変更や、「壁にタイルを貼りたい」「壁紙をグレードアップしたい」などの内装の仕様の変更です。

 

契約前に要望のすべてを詰め込んでおけば、その総額から値引きをしてくれますよね。契約後に変更したのでは、追加分は値引きの対象となりません。逆に、高い見積りで値引きをしてもらってから、いらないと思うものを削ったほうがお得になるというわけです!

 

当たり前ですが、ないものを増やせば金額はあがります。「これもやりたい!」というものは契約前の値引き交渉の際に、全て詰め込んでおきましょう。

 

相見積もりをとる

見積もりを依頼する際には、必ず数社から相見積もりをとるようにしましょう。展示場をまわって、一番気に入ったところに見積もりを依頼しようと考えていませんか?相手の営業マンは、競合がないと分かれば無駄な値引きはせず利益率をあげようとしてきます。しかし、競合がいる場合はどうでしょうか?契約に至らなければ利益はゼロなので、それならばと値引き交渉に応じてくれるでしょう。

 

一切値引きはしません、という強気な会社もなかにはあります。しかし、ほとんどのところは後から値引きできるように、ある程度の金額を上乗せして見積りを出しているものです(笑) 相見積もりしたなかで、安かったところの金額を伝えて「このくらいの金額にしたい」と揺さぶってみましょう!

 

とはいえ、複数の会社と打ち合わせを進めたり、相見積をとるのは大変ですよね。そこでおすすめなのが、ネットで間取りの作成や見積もりをしてもらえるサービス「タウンライフ家づくり」です。展示場に行かなくても家づくりを進められるとても便利なサービスです!

 

住んでいる地域や条件を指定すれば、全国600社以上の優良な注文住宅会社から提案を受けることができます。もちろん登録は無料、展示場巡りでは出会えなかった建築会社との出会いもあるかもしれません。効率よく家づくりを進めるのにとても役立つサービスなので是非利用してみてください。

住宅ローンの比較検討

建物ばかりに目がいってしまい、意外と見落とされがちなのが住宅ローンの選択です。建築会社にプランニングや見積もりを依頼すると、同時に「いくら借入ができるか事前審査をしましょう」と提案されることが多いです。その際に多いのが、そのまま事前審査を通した金融機関で住宅ローンを組むというケースです。

 

しかし、金融機関によって金利も違いますし、住宅ローンに関する特約なども異なります。そのとこを知らずに、勧められるままに住宅ローンを組んでしまう人が多いです。どこの金融機関を利用するかによって、総返済額に差がでるということを肝に銘じておきましょう!

 

IT化が進む現代ではネット銀行も増えており、メガバンクや地方銀行など数ある金融機関の中からベストな住宅ローンを探すのは大変です。
そこでおすすめなのが、全国の金融機関のなかから総返済額が最安になるプランを提案してもらえるサービスです。

 

なかでもモゲチェック・プラザは最適な住宅ローンを提案してくれるだけでなく、面倒な手続きや交渉も行ってくれます。さらに、ローンが完済するまでお得な情報を毎月届けてもらえるサービスも。定期的にローンの見直しを行うことで、借り換えや金利タイプの変更などのチャンスを逃すことなくフォローしてもらえます。

 

なるべくお得に家づくりをするためには、建物だけでなく住宅ローンにも目を向けてみてください!

スポンサーリンク