上手な予算の組み方

家づくりの際にほとんどの人が住宅ローンを組むと思います。借入金額を「融資限度額」いっぱいで考えがちですが…本当に無理なく返せる金額ですか?

 

銀行が出す「融資限度額」は主に年収から算出されます。しかし、例えば年収が同じ500万でも家庭によって毎月の出費は違いますし、家づくりにかけられる費用の割合も違います。自分の家庭に合った、無理のない資金計画を立てましょう!

 

建てたあとのことも考えた資金計画を!

家を建てたあとにかかるお金のことを考えずに、住宅ローンの返済額を決めてしまうと失敗するかもしれません。よくあるのが、「月々の返済額は今の家賃より少し高くなるだけだから大丈夫」と考え、融資限度額いっぱいに住宅ローンを組むパターンです。これまでの家賃とマイホームのための毎月の貯金額をローンの返済に充てるという計画ですが、これでは将来のための貯蓄はできるのでしょうか。

 

大切なのは、家づくりは建てて終わりではないということです。これから何十年と住むことを考えて、生涯のトータルコストもしっかり把握しておきましょう。

 

LCC(ライフ・サイクル・コスト)を考える

ライフ・サイクル・コストとは設計・建築から建物の維持・管理、最終的な解体・廃棄までを考えた建物の全生涯にかかるコストのことです。家づくりではつい建物完成までの費用ばかり考えがちですが、建ててからも修繕費などの費用がかかります。

 

将来の家計の内訳を想定して、現在の家計の内訳と比べてみると、無理なく返済できる住宅ローンの金額がわかってきますよ(^^)

 

家系の内訳例

建てる前(賃貸の場合) 建てた後(単世帯、戸建の場合)
生活費 生活費
光熱費 光熱費
保険料(生命保険、火災保険など) 保険料(生命保険、火災保険、地震保険など)
貯蓄(教育費など) 貯蓄(教育費など)
家賃・駐車場代 住宅ローン返済
マイホーム貯金 メンテナンス費(外装の修繕、設備のメンテナンス等)
  固定資産税・都市計画税

スポンサーリンク